マキシマリストな旦那の服を勝手に断捨離!怒られないための4つの工夫。

スポンサーリンク

少し前に旦那さんの服を宅配買取ブランディアで買取してもらったのですが、
それからもう1ヶ月過ぎたのに、服がなくなっていることに何も触れない旦那。。

「もったいない!」からの解放。断捨離できなかった服が宅配買取で手放せました。
こんにちは!ぐりです。 最近家のものはほとんど片付いたので、本の断捨離に続き、今度は服の断捨離に取り掛かっています! うちのマキ...

気づいているのかいないのか???

旦那部屋で使っている棚を勝手にキッチンに使ってても、何にも言わない旦那。

さすがにそれは気づいていると思うけどw

勝手に服を断捨離しても何も言われないことに味をしめたわたし。

気付かれないようにチョイチョイ捨ててますw

・・・と言っても何でもかんでも捨てていたらいつか怒られそうなので

次の4つのポイントに気をつけています!

旦那の服を勝手に断捨離!怒られないための4つの工夫

まず、旦那さんが着ていない服を見極めるべし!

<工夫1>洗濯物をクローゼットに収納する時、いつも左側から掛ける。

たとえばハンガー収納で洗濯物をクローゼットに収納する時、いつも左側から掛ける。

着た服は徐々に左側に集まり、着ていない服はどんどん右側に追いやられる。

この収納法だと、左側に着る服、右側が着ない服と自然と別れるので、

右側にあるものから優先的に捨てればいい

IMG_20160906_102227

<工夫2>わたしが買って趣味が合わなかったものは潔く捨てる

よかれと思い自分の趣味で買ったけど、結局ずっと着なかったというパターン。

人から貰ったりしたものはなかなか捨てられないですよねー。なので責任を持って断捨離。

<工夫3>色も形も同じでたくさんあるものは3つに減らす

インナー・靴下などはセット売りで販売していることが多いので、たくさん増えがち。

3着ずつくらいあれば日常生活に問題ないと思います。

その中から特に汚れが目立つもの、穴があきそうなもの、ヨレヨレなものを断捨離。

旦那さんの気持ちになるべし!

<工夫4>少しづつ断捨離する

「まだ着れるのに捨てるなんてもったいない!」というマキシマリズムあふれる旦那。

いきなりガサッと服がなくなると、きっと嫌な気持ちになると思います。

気づけばいつの間にかこんな少ない服で過ごせてた!というのが理想。

なので、さりげなく、少しづつ、やってます(笑)

こんな感じで様子を見ながら断捨離しています。

日々旦那さんの服を注意深く観察しても良いですね!わたしはあまり興味がないですけどw

断捨離した旦那の服

今回クローゼットを確認して断捨離対象になった服

IMG_20160906_124218

今回初めて靴下に手をつけました!

前回数えた時、58足もあった靴下が数えてみたら63足になってましたw

23足断捨離して、残り40足!!(それでも相当な数。。)

残った靴下たち

IMG_20160906_102024

他人を変えるのは、大変なこと

なんでこんなにたくさん服を持っているのかな?捨てればいいのに!と、

マキシマリストな旦那のことが理解できずに、変わって欲しくてイライラ。

だけど、なかなか自分の思うようには変わってくれません。

最近よく読んでいるわたしの心のバイブル、ありがとうの神様の中にあった言葉。

「この人は、こういう人だ」と丸ごと認めれば、すべての人間関係はうまくいく

目の前の人が、自分の考え、生き方、価値観とは違うことを認める。
説得しようとか、理解してもらおうとか、思わないほうがいいようです。

夫を変えるのではなく、「この人はこういう人だ」とまるごと認めてしまえばいい。

そして、自分を変えていく。

イライラするくらいなら断捨離できない旦那に変わって自分が断捨離しよう!って思いました。(解釈間違い??笑)

でも、まだ使えるのに捨てることに抵抗がある旦那だから、バレないように不要なものを見極めつつ、少しづつ断捨離していこうと思います!