頑張らなくていい。娘と私、お互いがハッピーでいるために手放したこと。

スポンサーリンク

こんにちは!ぐりです^^

先日、娘がおもらしして朝からブルーになったと記事に書きました。

今日はおもらしを通して気づいたことを書きます。

5年間、ほぼ毎日おもらし

IMG_20160608_125333

娘は小学二年生。もうおもらしなんてしなくなる年齢です。

寝る前におしっこに行くとか、水を飲み過ぎないとか、ちゃんと毎日気をつけていても効果なし。

経験をすることで、いつかおもらししなくなるだろうと期待しながら、
オムツが外れた3歳頃から今まで5年間ずっと、ほぼ毎日、布団を洗ったり干したりしてきました。

毎朝、おもらしするたびに申し訳なさそうに、

「ママ、今日おもらしした。」と言う娘。

わたしも怒りはしませんが、

「あぁ、またか・・。」と、

一日の始まりからブルーになってしまいます。

オムツを使うようになって・・・

IMG_20160608_123811

最近、実家に泊まる時だけ使っていたオムツを家でもたまに使うと、翌朝、

「今日布団におもらししなかったよ!!」と

嬉しそうに報告する娘。(オムツにはしてますよ!

わたしも「やったー!今日は布団洗わなくてすむよー!」と嬉しくなります。

オムツを使った日々を過ごしてみると、だいぶ気が楽になって、

小学生だけどオムツでいいんじゃない?

もう毎日頑張って布団洗わなくてもいいんじゃない?

と思える自分がいました。

娘も布団を汚すことなく、気が楽になっただろうと思います。

お互いに心地よく楽しく暮らしたい

娘は繊細で真面目。幼稚園の頃は周りとうまく馴染めずにいつも泣いていました。

小学校に上がってからはビックリするくらい自立しだして、
「クラス1のしっかり者ですよ。」と先生に言ってもらえるほど頑張っているようです。

だけどきっと、学校で泣きたくなるようなこともたくさんあって、
母に甘えられずに我慢しているんだろうと思います。

おもらしは精神的な面が影響している気がします。

YUUKI150321590I9A4002_TP_V

だから、もういいんだ。

これ以上頑張らなくてもいいんだ。

オムツをすることでお互いに心地よく楽しく暮らせればそれでいい。

きっと忘れた頃に治るはず。

今のわたしはそう思っています。これでいいのだ。