MEC食とは?

SHARE

糖質制限はすでにある程度知られているけど、

MEC食って何???なんだか怪しい・・

って思う人も多いでしょう。

わたしもつい1ヶ月前までは知りませんでした。

最初ダイエットのために糖質制限の本やブログなどを読んでいると、

チラチラ出てくるこのワードがだんだん気になってきました。

そこでMEC食について書かれてている本などをたくさん読んで、

「これだ!!!」

と思い、始めてみることにしました。

MEC食とは

MEC食は渡辺信幸医師によって沖縄の離島という厳しい医療環境の中で、

病気を未然に防ぐために予防医学として生まれた健康法。

肉(MEAT)・卵(EGG)・チーズ(CHEESE)それぞれの頭文字をとって

『MEC(メック)食』と名付けられたそうです。

簡単に説明すると、肉、卵、チーズをひと口30回良く噛んでたっぷり食べる健康法です。

MEC食のやり方

1. 肉・卵・チーズを食事の中心にする

肉200g・卵3個・チーズ120gを毎日食べる。

これだけで1日に必要なタンパク質、脂質、ミネラル、ビタミンが摂取できる。

2. ひと口30回よく噛む

ひと口30回よく噛むことで脳の満腹中枢が刺激され、適量で満足でき、食べ過ぎを防ぐ。

3. 炭水化物は控える

MEC食では、肉・卵・チーズを中心に食べる代わりに炭水化物を控える。

糖質を控えるのは糖質制限と一緒。

おわりに

基本的に気をつけるのはこれだけ!

糖質制限を進化させたような感じ。

これ以外に禁止事項はなく、

1日のベース量で満足できない時は炭水化物を食べてもいいし、(控えめにね)

ベース量よりもっとたくさん食べても良いのが続けやすい所。

糖質制限をしていると、糖質量をチェックしながら何を食べればいいのか

わからなくなってくるけど、

MEC食なら肉・卵・チーズ中心に食べれば良いので、

わたしにとってすごく取り組みやすかったです。