娘へ。

SHARE

おはようございます。ぐりです。

ここ最近の嵐のようなお天気のように、わたしの頭の中もいろんな思いが吹き荒れてました。

最近はじめた早起きですが、朝のモーニングページで自分と向き合う時間が持てると、

少しづつ気持ちが整理できてとても良いです。

わたしの娘

昨日娘が小学校から帰ってきてすぐに、

「ねぇママあのね、最近ね学校の上靴がね、いつもの場所からなくなってて違う所に置かれてるの・・。」

と、最初は笑顔で話しはじめた娘がどんどん涙があふれ出て、号泣しながら話しはじめました。

詳しく聞くと、こんなことはすでに4回目で誰にも相談できずにいたそう。

わたしは

「うん。大丈夫だよ。ママがちゃんと先生に話してあげるから。」

としか言えず、昨日は担任の先生に事情を話しておわりました。

とっても頑張り屋の娘。

幼稚園の頃は周りに馴染めずに泣いてばかりいたのに、小学校に入学してからは不器用ながらも何でも頑張っていて、すごく強くなったなぁと思っていました。

そうやって頑張っているので自然と良い結果がついて、周りから褒められることも多いです。

でも、そんな娘をよく思わない人もいるかもしれない

とわたしは心のどこかで心配していて、今回その不安が的中してしまいました。

「あの子だけずるい。」と思う気持ちは誰の心にもあるもの。

だから、犯人探しをしてもあまり意味はない。

この先の人生、いろんな人と出会い、いろんなつらい出来事も起こるはず。

その時に娘が強く、前を向いて生きられるように、わたしは何をしてあげたらいい?

それをずっと考えていました。

自分を開くことの大切さ

例えば友達が頑張っていると応援したくなる。

その人がどんな人かよくわからないと逆に誤解されてしまう。

わたしも娘のクラスメイトの子が苦手で、その保護者に対しても話したこともないのに勝手に悪い印象を持っていました。

実際に話してみると、とてもフレンドリーで明るくて子供思いの素敵な人だった。

今では仲良くさせていただいています。

だから、周りに自分を開いて知ってもらうことは大事なことだと思う。

少しづつでも広げていけばあなたの世界はもっと優しくて平和になれる。

そういう事を娘に伝えたい。

娘へ

悲しまないで、大丈夫。

その人はあなたの事をよく知らないだけ。

だからもっと自分を知ってもらうことが大事。

最初は挨拶だったり、応援したり、困っている時に助けてあげたり、自分の事を話してみたりしてみてごらん。

ママも苦手だったけど、最近頑張ってるよ。応援してくれる人がいっぱいいるよ。

嫌なことする人ばかりじゃないから、そんな時はママや先生や友達に話して。

絶対に助けてくれるから。

だから大丈夫。

と今日娘に伝えようと思っています。