〈おもちゃ収納公開〉子供と一緒に持たない暮らしを作るわが家の3つのルール。

スポンサーリンク

こんにちは。ぐりです。

この間、娘が8歳の誕生日を迎えました。

「誕生日にウサギさんの絵の洋服屋さんに行きたい!」という小2の娘が可愛すぎる。
もうすぐ8歳の誕生日を迎える娘。 1ヶ月くらい前からあと何日で誕生日かカウントダウンしています。 誕生日にここぞとば...

この記事を書いて、そういえばいつの間にか子供達のおもちゃが少なくなってきたなぁと思い、今日はその経緯と、わたしが子供に日々言い聞かせていることについて記事にしたいと思います。

子供達のおもちゃが少なくなった経緯

IMG_20160702_120014

わたしがモノを持たない暮らしをはじめて、子供達も今必要のないおもちゃは手放すようになりました。

最初の頃は、わたしがゴミ袋片手におもちゃひとつひとつ手にとって、

「これいる?」と聞いても

「いる!まだ使うから捨てないでっ!」

と言われてなかなか減らなかったおもちゃが、それを何度か続けながら一緒に片付けていくうちに、

「もうそれ使ってないから、捨ててもいいよ!」と言う回数が増えてきました。

さらに、今年2月に娘が斜視の手術をしたのをきっかけにゲーム断ち。
スマホのゲームやゲームセンターのゲームなども術後の目に悪いということで、子供達も納得してきっぱりとやめることができました。

休みの日にゲームセンターに行くことがなくなり、カードやガチャガチャを買うことがなくなって、毎週のようにおもちゃが増えることも無くなりました。

そして片付けた後はみんなで床拭きをします。

スッキリキレイに過ごしやすくなった経験を重ねていくと、子供達も、

「片付けると気持ちがいい!」

とわかり、進んでお掃除してくれます。

今の子供にあったルール作り

うちでは親がおもちゃを与えるのは、誕生日とクリスマスとお年玉の時だけという大きなルールがあります。

しょっちゅうおもちゃを買い与えると、有り難みがなくなってモノを大事にしなくなるし、
モノが増えると管理ができなくなるし、お金もどんどん少なくなってしまうから。

本当はお年玉の時は必要ないのかな?と思うのですが、ちょっとした文房具など少額で実用的なモノを買っているので良しとしています。

あと、ゲーム断ちした代わりに、本は買ってもいいというルールを作り、子供達はそれで今は満足しているようです。

『おもちゃを片付けないで大事にしていない子供には、サンタさんが来ないんだよ。』

先週末、子供達と一緒におもちゃの整理をしました。

片付け後

IMG_20160702_115237

たくさんあったカゴや入れ物は処分し、無印のポリプロピレンキャリーボックスを購入して、娘用と息子用に分けて収納しました。


無印良品 ポリプロピレンキャリーボックスロック付

PPキャリーボックス ロック付・大 約幅36×奥行52×高さ16.5cmを2つ購入。並べても積み重ねてもスッキリ収納できます。

これを機に「小さなおもちゃはここのボックスに入るだけのおもちゃにしようね。」と新しいルールも作りました。

今後、新しいおもちゃが増えボックスに入りきらなくなった時は、他のおもちゃを手放すようにしたいと思います。

IMG_20160702_115740

これは例外で、娘が大事にしているリカちゃん。誕生日ごとに毎年少しづつ増えてます。

IMG_20160707_072912

今回手放したおもちゃ。お祭りで買った壊れた光るおもちゃ、お菓子が入っていた入れ物など。

『おもちゃを片付けないで大事にしていない子供には、サンタさんが来ないんだよ。』と言うと子供達はちゃんと片付けます(笑)子供にサンタさん効果は絶大です!

いつもの様に子供と一緒にひとつひとつ、いるかどうか確認しながら進めていきました。
こんな時じっくりと考えるタイプの娘とは対照的に、息子は、

「これいらん!」

と、どんどん手放すのでこっちが躊躇してしまいます(笑)

まとめ

【子供と一緒に持たない暮らしを作る3つのルール】

  1. おもちゃを買うのは誕生日とクリスマスとお年玉をもらった時の計3回
  2. 本は買ってもいい
  3. 無印のボックスに入るだけ持つ

こんな風に少しずつ、お互いが納得のいくマイルールを作りながら、子供と一緒に持たない暮らしを進めています。

スッキリした子供部屋作りのヒントに。ブログ村テーマ。
WEB内覧会*子供部屋
子供部屋もスッキリ!
子供のおもちゃ、収納

無印を使った収納。ブログ村テーマ。
無印良品の収納 - MUJI -
子どものお片づけ(無印・IKEA… etc.!)