今どき人気絵本に学ぶ。『心のつかみ方』おすすめ2選。

スポンサーリンク

こんにちは。ぐりです。

わたしは子供が二人いますが、
絵本を読みきかせてあげたことは数えるくらいしかありません。

なんか絵本の中の人になりきって喜怒哀楽を表現しながら読み聴かせるのって、
恥ずかしくて、誰かに聞かれると顔から火が出そうで出来ません。。

そんな感じで絵本からは遠ざかった子育てをしてきた私。

先日、図書館で娘が借りてきた本をふと読んでみたら、とっても面白く読めたので、
わたしが心をつかまれたポイントを交えてご紹介したいと思います!

おすすめその1 『りんごかもしれない 』

IMG_20160614_104308

『りんごかもしれない』 作 ヨシタケシンスケ

2013年4月25日 第1版発行

IMG_20160614_105525

主人公が家に帰ってくると、テーブルの上にりんごが置いてあった。

・・・というお話。

簡単に言うとただこれだけの話なのですが、作者はここからがすごいのです!

りんご1つで繰り広げられる自由な発想力

「・・・でも・・・もしかしたら これは りんごじゃないのかもしれない。」

と、ただのりんごが魚かもしれないと思ったり。

ロボットかもしれないと思ったり。

心があって髪の毛が欲しいのかもしれないと思ったり。

食べたらビニョーンってなるかもしれないと思ったり。

1つのりんごに対してそこまで考える?ってくらい
多様な視点と発想力でどんどん自由に想像を膨らませるので読んでいて飽きません。

小さい頃は壁のシミでこんな変な空想してたなー、なんて思い出してしまいました。

この作者の発想力は只者ではないです。

おすすめその2 『カッパも やっぱり キュウリでしょ? 』

IMG_20160614_104406

『カッパも やっぱり キュウリでしょ? 』作/絵 シゲタサヤカ

2014年10月30日 第1版発行

IMG_20160614_113445

キュウリ好きのカッパが、
夜にキュウリを自動販売機に買いに行った時に出会った、
でっかいキュウリとの心温まる?お話。

引き込まれる絵とキャラクター

何と言ってもこのイラストが気になります!

キャクターもカッパなのに怖い感ゼロで
水玉のエプロン?なんかしちゃって、個性的な彼に一瞬で心つかまれました。

リズム感

絵本だけど、マンガを読んでいるような、ラップを聴いているような。
ブログを読むような独特のテンポがあって、全く飽きさせず、
面白おかしく流れるように最後まで読み進められます。

何回でも読みたくなる絵本です。

おわりに

以上おすすめ2選でした。

2冊とも数年前に発売された今どき絵本で、
見返し(表紙の裏)まで凝っていて読んだ後も楽しめます。

昔の絵本にはない、今の時代の子供達の心をつかむ工夫が感じられ、
大人でも楽しく読むことができました♩

ブログを書く上でも活かせたらと思います^^

よかったら読んでみてくださいね。