ご飯茶碗について。ミニマリスト的に考えてみた。

スポンサーリンク

こんにちは。ぐりです。わたしはなるべく少ないモノで暮らしたい自称ミニマリストです。
いつも要らないものはないか、もっとモノを減らせないか考えながら暮らしています。

そんなわたしですが先日、無印良品週間でいくつかモノを購入しました。

ご飯茶碗をミニマリスト的に考えてみる

IMG_20160321_124359

一番左のボールは今回購入した無印の磁気ベージュボール・小 11.5cm
真ん中は以前無印で購入したご飯茶碗。
一番右は昔実家から使ってないからと言ってもらったご飯茶碗。

今回購入した左のボールはボールとしては小さめなのですが、いろいろな使い方ができそうだと思い購入しました。

うちで使いそうな用途として、

  • ご飯茶碗
  • 小鉢
  • お鍋の取り皿
  • ヨーグルト
  • シリアル
  • 汁物
  • サラダ

など、オールマイティーに使えそうです。ただ、湯呑みとしても使えるかな?と思っていたのですが、湯呑みにするにはちょっと大きい。自分一人で使うのならいけそうですけど。さすがにお客様にお出しするにはちょっと・・・ナシです。残念。。

ミニマリスト的には一つのモノでたくさんの用途があった方がモノが減らせるのでこういった多用途のモノを持つようにしています。

真ん中と右のお茶碗はご飯茶碗としてしか使えない形なのですが、右のお茶碗は色もバラバラなので何か他の用途に再利用するか、なければ断捨離しようと思います。

多用途のモノだと、使わなくなった時でも他の用途として使うことができるのでいいですね。