PTAの役員決めで負けない?じゃんけん必勝法。

スポンサーリンク

新学期のはじめは、学校や幼稚園の役員決めなど、
子供を持つお母さんにとってその一年の運命が変わる一大イベントが待ち構えています!

わたしも先日じゃんけんで役決めしました。
2回じゃんけんしたのですが2回とも1番に勝ち抜けすることができました!

今日はシンプルだけど実は奥深い、じゃんけんの必勝法について考えたいと思います。

勝つ確率は上げられる!じゃんけん必勝法

150711219368_TP_V

『じゃんけんぽん!』の場合

芳沢光雄教授「ジャンケンに関する研究結果」によると、最も出す確率が高いのが、
グー✊(35%)、次はパー✋で(33.3%)、最も少ないチョキ✌️は(31.7%)だそうです。

そして、2回続けて同じ手を出す確率は22.8%
これをふまえると、最も勝率の高い手はパー、あいこの場合は次にグーを出すのが勝ちやすいです。

詳しく説明すると、
最初パーを出してあいこになった時、相手が続けてパーを出す確率は22.8%
逆に、相手がグーかチョキを出す確率は77.2%
グーかチョキに勝つ(負けない)のはグーなので次の手はグーを出せばいいことになります。

『最初はグー』と言ってからじゃんけんする場合

また、『最初はグー』と言ってグーを出してからじゃんけんする時は、
相手が2回続けてグーを出す確率は22.8%で、パーかチョキを出す確率は77.2%

パーとチョキに勝つ(負けない)勝率の高い手はチョキで、あいこの場合は次はパーが勝ちやすいです。

〈参照〉

「最初はグー」という掛け声をかけてからじゃんけんで何を出すか100人で実験。すると、グーが18人、パーは41人、チョキは41人という結果でした。専修大学人間科学部心理学科の下斗米敦教授によると、勝負事の時に手の内を見せる同じ手を続けたくないという気持ちが働きます。そのため、違う手を出したくなるのです。

出典
じゃんけん必勝法|所さんの目がテン! – テレビのブログ

大人数の場合

ほとんどの確率で引き分けることが多いので、ずーっとパーを出し続けることで勝率が上がるらしいです。

実際にわたしが『最初はグー』と言って4人でじゃんけんした時は、
みんながチョキで、わたしだけグーで勝ちました。
その後同じようにもう一度じゃんけんした時も、2回程あいこになって、
最後グーでわたしだけ勝ちました。

めっちゃ強かったので自分でもびっくりしたのですが、いつもと違うことは
『最初からグーを出し続けよう!』と心に決めていたことです。
あいこになっても動じずに余計なことを考えないでグーを出し続けました。

たまたまグーで勝てた?

その時は必勝法などは知りませんでした。
ただ何となく、みんな普通にグーは出さないんじゃないかなぁ?(チョキかパーでくる)
と思って、あれこれ考えても無駄だと思い、グーを出し続けただけです。

そしたらたまたま、『最初はグー』の時はチョキを出す確率多く、勝ちやすいという裏をいってグーで勝てたのだと思います。

要点をまとめると

  • 『じゃんけんぽん!』だけの時は最初はパー、次にグーが勝ちやすい
  • 『最初はグー、じゃんけんぽん!』の時は最初はチョキ、次はパーが勝ちやすい
  • 大人数の時はパーを出し続けると勝つ確率が上がる

など、ある程度の傾向を知っておいて

  • 堂々と自信を持って、出す手をあらかじ決めておく(動揺しない)

ということが大事だと思います。
万が一負けてしまってもこれだけ考えて自信を持ってのぞんだ結果なので、
きっと悔いはないでしょう!この記事が誰かのお役に立てたらうれしいです。

ではみなさん、じゃんけん頑張ってくださいね!