モレスキンvs.無印良品。2017年の手帳選び。

スポンサーリンク

そろそろ来年の手帳が気になりますね!(ちょっと遅いですけどw)

私もいろんなブロガーさんの手帳選びを興味深く見ています。

今まで手帳を買ってもほとんど活用できなかった私。

そんな私が2017年用に選んだ手帳をご紹介したいと思います。

自己管理したい!

day-planner-828611_640

専業主婦なので、今までは手帳なんてなくてもカレンダーに書き込めばどうにかなってました。

はりきって手帳を買っても活用しきれずにそのままゴミになったことも。。

だけど、今の私はちょっとちがーう。

何が違うのかというと、今年の3月からブログを始めて頭の中を整理して書き留めたいことが増えてきたのです。

もうカレンダーでは管理できない・・・。

そこで、今まで野放しで荒れ放題だった私の頭の中をしっかり自己管理するべく手帳を購入することに。

こんな手帳が欲しい!

いつも長続きしない私は、キッチリした手帳だと面倒になって続かない。

でもあんまり自由すぎると管理できないw

適度にスケジュールが管理できて、好きに書き込める自由なスペースがある手帳がいい
なと思っていました。

そこで、私が気になったのが無印良品とモレスキンの手帳。

無印良品の手帳

ポリプロピレンカバーマンスリーウィクリースケジュール   2017年・B6・黒・ゴム留め付き

4549738394877_1260

無印の手帳はいろんなタイプがありますが、私がいいなーと思ったのがこのタイプ。

月のスケジュールもあり、

4549738394877_02_1260

週ごとにも書き込めてフリーのスペースもあって、私の理想とする手帳でした。

4549738394877_03_1260

お値段は税込1,000円です。

モレスキンの手帳

モレスキン 手帳 2017 ウィークリー ハードカバー ラージ ブラック

もう一つ私が気になっていたのが、こちらのモレスキンの手帳。

伝説のノートと呼ばれ、世界中で愛されているMoleskine。

こちらのタイプは中身はほぼほぼさっき紹介した無印の手帳と同じです。

では何が違うのか?

超ざっくり言うと・・

カバーの丈夫さと質感が違う

img_20161107_191621

カバーの丈夫さと質感が違うのです。

カバーはソフトとハードから選べます。

私が気になるのはハード。立ちながらでも書き込めるというこの男前な感じがステキ♡

それといつまでも触っていたくなる優しい触感がいいのです。

お値段は無印よりも3倍近く高い、税込3,672円。

こちらの記事がモレスキンの良さをがっつり語っています。

結局どちらにしたかというと・・

私が2017年の手帳として選んだのは、

モレスキンの手帳です。

ちなみにここで購入しました。

正直、内容では無印の手帳で十分。

というか、無印の方が余計なものがなくシンプルだし使いやすそう。

モレスキンの手帳は最初の数ページは地図があったり、
世界を旅する旅行者にとって使い易い作りになっているので、

引きこもり主婦の私には全く使いこなせないと思うのですが・・

img_20161107_191202

気になるのです。

世界中で愛される理由が。

それが自分も!?愛しちゃうの??っていうのを知りたくて。

わが相棒となる手帳は愛着を持って使いたいから。

たぶん来年の今頃は、

「やっぱり無印の手帳で十分でした〜!!」って言ってそうですが、

とりあえず来年はモレスキンで自己管理頑張ります!!