義実家で喜ばれた♪片付けも楽チンなわたしの得意料理。

スポンサーリンク

ご無沙汰しています。ぐりです。

2週間の帰省からやっと自宅に戻ってきました。

留守中旦那さんに家を任せていたら、

庭の植木が枯れているし、

IMG_20160816_133445

IMG_20160816_133547

床が埃っぽいし、洗面台にカビが生えているし・・。

帰ってからも掃除や洗濯に追われています。。

だけども、やっぱり自分の家がいちばん落ち着きますね。

義実家で喜ばれる♪片付けも楽チンなわたしの得意料理。

帰省中は妹家→わたしの実家→義実家と転々としていました。

義実家では旦那さんの兄弟家族も帰省して、ひとつの家に15人が寝泊まりしたり。

いや〜すごいったらもう。。

ご飯は6畳くらいの和室に赤ちゃんから大人まで、ぎゅうぎゅうに集まって食べます。

食べ物はもちろん、お皿やコップなども毎回人数分準備していたらとんでも無いことになります。。

そんな時に喜ばれたのが、おにぎり!

IMG_20160816_131454

義実家で作ったおにぎりは忙しくて写真に残せなかったのですが、(撮っとけばよかった〜!)

5合分の炊いたご飯を塩おにぎりにして大皿に並べて、あとは海苔と冷蔵庫にあったお漬物と梅干しを適当に添えてラップする。

味噌汁は飲みたい人だけ食べるように即席のものを用意。お湯だけ沸かして保温ポットに入れて出しておきます。

朝6時半頃から準備してテーブルに出して、起きてきた人からそれぞれ取って食べてもらいました。

簡単ですが、これだけでいつもすごく喜ばれます。

洗い物も大皿2枚と味噌汁の椀だけでいいし(使っても小皿くらい)、箸も割り箸を使うので洗い物が少なくて楽チン!

これを人数分ご飯茶碗に準備していたら、食べる場所もとって、お皿も足りなくなるし、ひとりひとり起きてくるたびに準備しなくてはならないので、超大変です!

お料理上手じゃなくても、気があまりきかなくても、このひとつの特技で役立つことができました。

何よりもみんな「美味し〜い!」と言って全部食べてくれたのが良かったです♪

昔ながらの食事には家事を簡略化する工夫が備わっているのかも知れませんね。

帰省時にも役立つアイディアがたくさん♪ブログ村テーマ。

お米・ごはん・おにぎり

少ないモノで暮らす

時短家事の工夫