夏の終わりに出番が少ない服の「着ない理由」を振り返る。

スポンサーリンク

7月に【ブランド買取専門 ブランディア】で、今までもったいなくて捨てられなかった服を大量に手放すことができました。

参照:「もったいない!」からの解放。断捨離できなかった服が宅配買取で手放せました。

スッカスカになったマイクローゼットを公開。

IMG_20160824_105719

まだミニマリストを目指す前、ムダに広く作ってしまった4畳のウォークインクローゼット。

服が一気になくなったことで、スッカスカ!!!これで一部屋できそうだけど(笑)

クローゼットの左側にわたしの服。

右側には子供たちの服と布団などを収納しています。

参照:【無印のポリプロピレン収納ラック】子供の衣類収納ビフォーアフター。

秋服の準備をする前に・・

IMG_20160824_110237

そろそろ秋服の準備をする前に、夏に出番が少なかった服たちを見直し!

今後の服選びに生かします。

この夏よく着ていたのが、

ワンピース+カットソー
リネンシャツまたはカットソー+ガウチョパンツ

の組み合わせ。

IMG_20160617_101400

参照:色の統一で迷わないワードローブに。小物使いでオシャレを楽しむ。

逆にほとんど着なかった服たち。

半袖白シャツ

IMG_20160824_111809

リネン長袖シャツ

IMG_20160824_111648

白シャツもリネンシャツもわたしが好きなアイテム。

参照:リネンシャツを買うなら長袖をオススメする理由。

でも、なんであまり着なかったのだろう??

その理由をじっくり考えてみました。

出番が少ない服の「着ない理由」

そして思いついた4つの理由。

  1. 腕を出すのが嫌
  2. インナーが透けるのが嫌
  3. 夏にシャツのボタンを上まで閉めるのが嫌
  4. 丈が微妙

理由1. 腕を出すのが嫌

歳を重ねるにつれ、二の腕がたるんできて、腕を出すのが気になりだしました。
いつも好んで着ているのは七分丈とか。アラフォーに半袖シャツは勇気がいるのです。

理由2. インナーが透けるのが嫌

白い薄手のシャツだと中に着る服が透けてしまいます。
黒いインナーを愛用しているわたしは、インナーが透けるのが嫌で、
なんとなく白シャツに手が伸びなくなっていました。

理由.3 夏にシャツのボタンを上まで閉めるのが嫌

シャツはちゃんと上までボタンを閉めて、キチンと着たいわたし。

でも夏は暑いし、首が窮屈。
だからシャツではなく襟がないカットソーばかり着がちに。

理由4. 丈が微妙

リネンシャツは好き。なのになぜ着ないリネンシャツがあるかというと、
試着をせずに男性用のXSサイズを買ってしまったから。

男性用は着丈が長く、小柄なわたしが着た時バランスが悪く見えたので、
ほとんど着る機会がありませんでした(悲)試着って重要。

おわりに

好きなデザインでも色や素材が違ったり、丈が心地よくなかったり・・・
こうやってよくよく考えると、ちゃんと「着ない理由」があるものです。

この夏ほとんど着なかった半袖白シャツとメンズのリネン長袖シャツは断捨離します。

若い頃は流行やデザイン重視でもよかったけれど、歳を重ねるにつれ、
だんだん自分の好きなもの、着心地のいいもの、そうでないものがわかってきました。

わたしがこだわりたいのは色・素材・厚み・丈。

そういうことも考えながら、これからの服選びにこの夏の教訓を生かしたいです。