野菜をたくさん食べなくても本当に大丈夫?

ダイエットブログテキストリンク

肉・卵・チーズを中心に食べることで体に必要な必須栄養素が摂れるMEC食。

本を読んでその通りに実践して1ヶ月が過ぎ、実際に調子が良く感じることが多くなってきました。

参考 【MEC食実践1ヶ月まとめ】わたしが気づいた体と心の変化。

だけどわたしは

「野菜をちゃんと食べなさい!」

と言われて育ってきた世代。

野菜はたくさん食べなくても大丈夫なの??

本当に必要な栄養が足りているの??

と少し疑問が湧いたので調べてみました。

体に必要な必須栄養素

まず、人の栄養素は次の5種類に別れていて、これを5大栄養素と言います。

5大栄養素

・炭水化物
・タンパク質
・脂質
・ミネラル
・ビタミン

脂質・タンパク質・ミネラルは体を作るもととなり、

ミネラル・ビタミンは体調を整える役割があります。

必須栄養素

このうち体に必要となる必須栄養素はこの4つ。

・タンパク質
・脂質
・ミネラル
・ビタミン

5大栄養素のうち炭水化物だけが必須栄養素ではありません

なのでMEC食ではタンパク質・脂質・ミネラル・ビタミンの4つの必須栄養素を毎日きちんと摂取することとしています。

参考 MEC食とは?

MEC食で1日に摂れる栄養素はどれくらい?

とはいえ肉200g・卵3個・チーズ120gを食べて1日でどのくらいの栄養素が摂れるか?

渡辺信幸先生の著書「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくるによると、

厚生労働省が設定した「栄養素等表示基準値」と比べてみると、

・タンパク質 85.4g (基準値の114%)

・脂質 62.6g (基準値の114%)

・糖質 12.2g (基準値の4%)

ビタミン・ミネラルの数値は最低値のビタミンEで基準値の43%となり、そのほかの栄養素もなかなかの数値が並んでいます。

ということで、MEC食で1日に摂れる必須栄養素はほぼ十分にまかなえるとの事でした。

ただ、ビタミンCだけが唯一の弱点でそれを補う分だけ葉物野菜を摂った方が良いようです。

ビタミンCが多い野菜

ビタミンCが多い野菜は、

ピーマン類、芽キャベツ、ゴーヤ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、

他には大根の葉やカブの葉などの葉物野菜にも多く含まれています。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

おわりに

ビタミンCの推奨量は成人男性、女性どちらも100mgなので、

野菜を食べるのはMEC食のビタミンCの不足分を補う程度で、

そんなにたくさん食べなくても良いことが分かりました。

『野菜=ヘルシーで健康に良い』

『肉や脂肪=太るし健康にあまり良くない』

という今までの常識とは全く違っているけれど、

自分で感じた効果を信じてこれからも続けていきます。